銀行カードローン金利

銀行カードローン金利、チェックの仕方

低金利のカードローンといえば思い浮かべるのは銀行カードローンでしょう。
しかし銀行カードローンの金利がすべて低いわけではありません。
消費者金融では上限金利が適用されると考えて利用しなくてはなりませんが、銀行カードローンではその上限金利でさえ幅があります。
上限が18.0%の銀行カードローンもあれば、上限金利一桁になる銀行カードローンもあります。
もちろん利用するのであれば上限金利がより低い方が安心でしょう。
ところが一桁の金利が適用される銀行カードローンでは利用するための条件が厳しいなど簡単に契約ができるものではありません。
銀行カードローンの金利がどのように分かれているのか見てみましょう。

 

「上限金利が18.0%の高金利銀行カードローン」

このタイプは二つに分かれます。
一つは無利息期間などの初回限定サービスがある代わりに上限金利が高いという銀行カードローンです。
例えばジャパンネット銀行ネットローンや新生銀行カードローンレイクがあります。
もう一つは、少額の利用では金利が高いものの高額融資になると金利が他行に比べても低くなるパターンです。
例えばオリックス銀行カードローンなどがあります。

 

「上限金利が14.5%の標準的な銀行カードローン」

メガバンクと呼ばれている三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行も標準的な上限金利となっており、多くの銀行カードローンが14.5%前後の金利を設定しています。
利用条件も比較的緩やかで、パートアルバイトはもちろんのこと、専業主婦でも借り入れができる銀行カードローンもあるのはこのタイプの特徴でもあります。

 

「上限金利が一桁の超低金利銀行カードローン」

通常の銀行カードローン以外に特別枠としてプレミアムローンが用意されていることがあります。
それが超低金利で利用ができます。
ただし利用するための条件は厳しく、前年度の年収が200万円以上や300万円以上だったり、勤続年数が長くなければなかったりと簡単には利用することができません。
しかし条件がクリアできていればぜひ利用したい銀行カードローンです。

 

参照元:カードローン審査ガイド⇒審査に通りやすい方法ってある?

見落とさないで!カードローンの利用手数料

借りた金額には利息をつけて返済すること、それがカードローン利用の一番の条件です。
カードローンを利用した時には利息の支払額に気をつけなくてはならない、そう考えているでしょう。
ところがそればかりではありません。
カードローンを利用すると借り入れや返済でATMを利用することが多くなってきます。
そこで発生するのがATM利用手数料です。
その金額を抑えることも大切なことです。

 

銀行や消費者金融が用意している自社ATMであれば利用手数料は無料です。
しかし近くにありついでとして便利に活用できるはずの提携コンビニATM、ここに利用手数料が発生します。
1万円以下の取り扱いで108円、1万円超の取り扱いで216円です。
さほどの金額でもないと感じるかもしれません。
もちろん借り入れは頻繁に行うものではありませんのでその際の手数料は心配いらないでしょう。
問題は返済時の手数料です。
月に一度返済をするときに提携コンビニATMを利用すると216円がかかります。
ところがカードローンを利用するとき、積極的に返済をすることが望ましいということはご存知でしょうか。
余裕があるときにはそれが1,000円でも2,000円でも返済をしていくことが大切です。
なぜなら元金を減らすことが重要であり、利用日数が短い段階で追加返済をすることは利息を減らし入金した金額のほとんどを元金に充当することができるからです。

 

カードローン各社では利用手数料無料の返済方法が何かしら用意されています。
それが提携コンビニATMであることもあれば、インターネット返済であることもあります。
そのカードローンによって利用手数料無料の方法には違いがありますので必ず確認をしましょう。
チェックしておきたいのは手数料無料の返済方法、それが自分にとって都合の良い返済方法であるということです。
せっかく用意されている手数料無料の返済方法でも不便であれば積極的に返済していくことは難しいでしょう。
都合よい返済方法が手数料無料、それをチェックすることでカードローンの返済は大きく変わるはずです。